会社を設立するには創業するメンバーを決め勧誘、確保すべし

会社を設立して社長になります

社長のビジョンを製品・サービスとして具現化するために欠かせないコアメンバー候補数名を

会社設立前から巻き込み、その気になっていただく。

 

その中から共同創業者などの創業メンバーが確保できることが多い

 

市場性の確認時に、顧客・ユーザー候補だけではなく開発の中心になりうる人にも話し、
場合によっては、顧客・ユーザー候補インタビューに参加してもらう。

 

会社設立の専門家としての行政書士。熊本の行政書士ならここですし、東京の杉並の行政書士ならここでいいでしょう。

 

その上で重要なのは

 

巻き込んでいく

 

という視点。

 

前職の退社時の注意点

 

ベンチャー創業が初めてでも、真剣に取り組んでいる見どころのある創業者であれば、
その事業ビジョン、事業機会への洞察力と熱意で共同創業者などの創業メンバー候補者に
出会い、説得し、その気になってもらうことが十分できる

 

物件や備品

 

・逆に、自分では「大変いいアイデアだ」と本気で思っても、
 共同創業者などの創業メンバー一人ひきつけられないようであれば、
 アイデアが一人よがりではないのか、そもそも社長になるべき人間的魅力、
 事業構想力、リーダーシップに欠けているのではないか、と考えるべき

 

会社設立の手続き

 

・社長一人では、事業計画の検討も実行もままならない。
 日本政策金融公庫やVCの評価も低くなる。創業を志した段階で、創業メンバー候補を必死にくどくこと

 

顧問弁護士の決め方

 

 

・くどけなければ、事業ビジョンを見直すか、より必死に、時間をかけて創業メンバーを探す。
 はかばかしくなければ、「急がば回れ」で事業ビジョンそのものを見直し、
 市場性を再確認する方がいいことが多い(特に、農事組合法人と農業生産法人の場合)

 

会社設立チェックリスト

 

・創業メンバー候補との出会いの場自体は、日本ではまだあまり多くない。
 職場・学校の友人・知人とのネットワークを大切にするとともに、異業種交流会、
 研究会等にも普段から積極的に参加し、人脈を大きく広げておく

 

【PR】熊本で交通事故,後遺障害認定の相談なら

 

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る